解熱石膏は赤ちゃんにとって安全ですか?

発熱は赤ちゃんのいつでも発生する可能性があります。 熱があると体温が上がり、体が不機嫌になります。 解熱剤の温度を下げるには、湿布を使用するか、別のより実用的な代替品、つまり解熱石膏(解熱パッチ)を使用できます。

解熱絆創膏は赤ちゃんにとって安全ですか?

解熱絆創膏は、赤ちゃんに比較的安全に使用できます。 ただし、通常、子供用と赤ちゃん用の解熱石膏には違いがあるため、使用する石膏が赤ちゃん用の変形であることを確認してください。

ByeBye-Feverは、赤ちゃんと子供用のバリエーションを分離する熱低減石膏のブランドです。

子供の変種では、吸熱性ヒドロゲルは白色で、子供が誤って飲み込むのを防ぐために苦味があります。 子供向けのバリエーションですが、ヒドロゲルは青色で、安全なメントール物質が含まれています。 そのため、ByeBye-Fever解熱石膏は子供にも安全に使用できます。

解熱石膏を使用する利点
1.実用的

熱を減らす石膏を使用することは、通常の湿布よりもはるかに実用的です。 湿った湿布を準備することなく、額、脇の下、またはその他の領域に熱を減らす石膏を簡単に塗ることができます。

2.どこでも使用できます

解熱絆創膏は、車や飛行機などの公共交通機関で移動する場合など、通常の湿布を提供できない状況に最適です。

また、サイズが小さいため、解熱剤をどこにでも持ち運びが簡単です。 バッグやズボンのポケットにも収納できます。

3.痛みを和らげます

熱を下げる働きをするだけでなく、熱パッチは頬などの他の体の部分の痛みを和らげ、歯痛の痛みを和らげることもできます。

4.冷静に

石膏圧迫熱は、病気のときにだけ使用されるわけではありません。 暑い時期にもお使いいただけますので、お子様も涼しく過ごせます。

解熱石膏のしくみ

水を使用していませんが、この石膏は子供の体温を下げるのに役立ちます。 次に、それはどのように機能しますか。

実際、熱を減らす石膏の働きは非常に簡単です。 石膏の内層には、水で満たされたゲル(ヒドロゲル)が含まれています。 しっくいを温かい肌に塗ると、ヒドロゲルの水分が蒸発します。 このプロセスは、子供の体温を下げるのに役立ちます。

赤ちゃんと子供のための熱圧縮石膏の推奨事項

フィーバーパッチを使用する場合は、ByeBye-Feverのような高品質で子供に安全な石膏を使用してください。

ByeBye-Feverは、子供の熱を治療するためにインドネシアの両親から17年以上信頼されている熱湿布石膏です。

ByeBye-Feverは、8〜10時間の不快感を軽減するために、長持ちする涼しい感触を持つ日本の技術を使用して作られています。 ByeBye-Feverのヒドロゲル温度は、水や氷の温度よりも比較的安定しています。 接着力も他のブランドの絆創膏よりもはるかに強力です。

子供向けのByeBye-Feverには、0〜2歳の子供向けのBabyByeBye-Feverと2歳以上の子供向けのByeBye-Feverの2つのバリエーションがあります。

いつでも準備ができているByeBye-自宅で熱

乳幼児や子供は、天候や細菌感染やウイルス感染のいずれかにより、発熱しやすい傾向があります。 熱を避けるために、彼に良い栄養を与えてください。

しかし、彼が熱を持っている場合は、ByeBye-Feverを使用して熱を下げます。 いつもByeBye-Feverを家に置いてください。 ByeBye-Feverは、最寄りのスーパーマーケットや薬局、お気に入りのオンラインストアで見つけることができます。