Wia Club

赤ちゃんのおむつには賞味期限がありますか? たぶん多くの親がこれについて疑問に思っています。 その理由は、赤ちゃんのおむつは常に毎日使用される赤ちゃんのニーズの1つです。 赤ちゃんが使用に適していないおむつを使用している場合、母親は確かにリスクを冒したくありません。 赤ちゃんのおむつは期限切れになりますか? 赤ちゃんのおむつには賞味期限がありません 使い捨ておむつには、特定の有効期限や貯蔵寿命はありません。 これは、開封されていない、または開封されたおむつに適用されます。 紙ベースの製品として、使い捨ておむつは未知の期間使用することができます。 おむつメーカーは、購入後2年以内におむつを使用することをお勧めします。 ただし、技術的には有効期限がなく、保管寿命がない場合でも、古すぎるおむつは品質が低下する可能性があります。 だから、赤ちゃんにそれを置く前に、おむつの状態に注意してください。 また読む:布おむつと使い捨ておむつのどちらが良いですか? 赤ちゃんのおむつの特性は使用に適していません 赤ちゃんのおむつは期限切れにはなりませんが、破損する可能性があります 赤ちゃんのおむつに賞味期限がない場合でも、長期間保管されたおむつは、次のような使用に適さなくなった兆候を示す場合があります。 1.色の変化があります 赤ちゃんのおむつは紙とプラスチックの混合物でできており、時間の経過とともに色や臭いが変化することがあります。 外層は酸化により黄色味を帯びることがあります。 さらに、カバーのパターンも時間の経過とともに色あせする可能性があります。 […]

インドネシアでは、移行という用語は、雨季から夏へ、またはその逆の移行期間を指します。 この期間中、極端な温度変化は体の免疫系に影響を与える可能性があります。 移行期には、咳や風邪、上気道感染症(ARI)、デング熱、腸チフスなど、よく現れる病気がいくつかあります。 多くの人々、特に子供たちが移行中にこの病気にかかりやすいのも不思議ではありません。 この病気の前には、子供の発熱がよく見られます。 もちろん、親として、あなたはあなたの子供が健康を維持することを望んでいます。 しかし、あなたの子供が熱を持っている場合でも、慌てないでください。 熱を克服するためにこれを行います 子供の熱にどう対処するか 基本的に、発熱は感染と戦う体の方法です。 子供の体は自然に体温を上げて感染の原因となる細菌を殺します。 通常、発熱は3日以内に自然に消えます。 しかし、体温が上がる限り、子供は不快に感じ、うるさくなりがちです。 ここにあなたがあなたの子供を快適にするためにあなたがすることができるいくつかの方法があります。 1.圧縮を使用します 古くから圧縮法が使用されており、発熱時に体温を下げることが証明されています。 子供を快適にするために彼の額に涼しい湿布を置きます。 または、解熱石膏または実用的な解熱湿布を使用することもできます。 市場で販売されている解熱湿布の中には、熱を和らげるためにヒドロゲルを使用しているものもありますが、17歳以上のByeBye Feverだけがインドネシアの母親の主力であり、子供の熱を3℃に下げるのに役立ちます。 […]

この現代では、多くのことが今ではより実用的です。 それらの1つは熱の湿布です。 従来の熱湿布は温水または冷水で湿らせた布を使用して作られていましたが、今ではより実用的な代替手段、すなわち熱湿布絆創膏があります。 熱圧迫石膏は、水素(水で満たされたゲル)を使用して体温を下げる石膏です。 温かい肌に触れると、ヒドロゲル内の水分が蒸発し、発熱している子供の体温が下がります。 熱湿布石膏を使用すると、湿布を準備する必要がなくなります。 額や脇の下などに解熱テープを貼るだけで、お子さんの体温を下げることができます。 その実用的な性質のために、あなたは自宅でまたはあなたの個人的な車の薬箱に解熱剤を保管することができます。 自宅で提供できる最高の絆創膏の1つは、ByeBye-Feverです。 ByeBye-Feverは、久光製薬が製造する減熱石膏です。 ByeBye-Feverのヒドロゲルは日本の技術を使用して作られているため、他のブランドよりも長持ちする8〜10時間の涼しい感覚を提供することができます。 結果として生じる涼しい温度は角氷または水と比較して比較的一定しているので、子供はより長く快適に感じることができます。 ByeBye-Feverは、子供の体温を摂氏数度下げるのに役立ちます。 ByeBye-Feverのもう1つの機能 しかし、あなたは、彼らが熱を持っているときにあなたの子供の体温を下げることができることとは別に、ByeBye-Feverには他の機能があります、すなわち: 1.痛みを和らげる ByeBye-Feverヒドロゲルの涼しい感覚は、歯痛、頭痛、および体の周りの他のさまざまな柔らかい痛みによって引き起こされる痛みを軽減することができます。 2.暑い時期に涼しさを感じます 熱に加えて、ByeBye-Fever熱圧縮石膏は、体が暑いときに体を冷やすために使用できます。 蒸し暑い時期にお子様が息苦しいときは、ByeBye-Feverを体に付けて快適に過ごしてください。 […]

発熱は赤ちゃんのいつでも発生する可能性があります。 熱があると体温が上がり、体が不機嫌になります。 解熱剤の温度を下げるには、湿布を使用するか、別のより実用的な代替品、つまり解熱石膏(解熱パッチ)を使用できます。 解熱絆創膏は赤ちゃんにとって安全ですか? 解熱絆創膏は、赤ちゃんに比較的安全に使用できます。 ただし、通常、子供用と赤ちゃん用の解熱石膏には違いがあるため、使用する石膏が赤ちゃん用の変形であることを確認してください。 ByeBye-Feverは、赤ちゃんと子供用のバリエーションを分離する熱低減石膏のブランドです。 子供の変種では、吸熱性ヒドロゲルは白色で、子供が誤って飲み込むのを防ぐために苦味があります。 子供向けのバリエーションですが、ヒドロゲルは青色で、安全なメントール物質が含まれています。 そのため、ByeBye-Fever解熱石膏は子供にも安全に使用できます。 解熱石膏を使用する利点 1.実用的 熱を減らす石膏を使用することは、通常の湿布よりもはるかに実用的です。 湿った湿布を準備することなく、額、脇の下、またはその他の領域に熱を減らす石膏を簡単に塗ることができます。 2.どこでも使用できます 解熱絆創膏は、車や飛行機などの公共交通機関で移動する場合など、通常の湿布を提供できない状況に最適です。 また、サイズが小さいため、解熱剤をどこにでも持ち運びが簡単です。 バッグやズボンのポケットにも収納できます。 3.痛みを和らげます 熱を下げる働きをするだけでなく、熱パッチは頬などの他の体の部分の痛みを和らげ、歯痛の痛みを和らげることもできます。 […]

両親は、排便中を含め、赤ちゃんに起こる変化を認識することが重要です。 その理由は、赤ちゃんの便の習慣や形の変化は、特定の健康上の問題を示している可能性があるためです。 それで、赤ちゃんの排便が果肉なしで液体になるのは正常ですか? これは下痢または消化不良の兆候ですか? 答えを見つけるには、次のレビューを参照してください。 果肉のない液体の赤ちゃんの排便は、下痢を意味するものではありません 果肉のない液体の赤ちゃんの排便は、特に出生後2か月間は正常な状態です。 インドネシア小児科医協会(IDAI)からの引用によると、生後2か月までの新生児は通常、液体で泡立ち、酸っぱい匂いのする便を持っています。 これは、赤ちゃんの腸が完全に機能していないために発生します。 この状態は、母乳で育てられた乳児に特に発生します。 乳糖や乳糖は、赤ちゃんの小腸で適切に消化することができません。 さらに、この乳糖は大腸に入り、バクテリアによって発酵されます。 さらに、新生児は通常、1日に最大10回まで、より頻繁に排便します。 これは、食物が胃に入り、大腸の動きを増加させることに対する体の反応である胃結腸反射が原因で発生します。 これが、授乳直後に赤ちゃんが排便する原因です。 赤ちゃんが脱水症状を示さず、体重が増え、落ち着いていて健康に見える限り、赤ちゃんのうんちがゆるくて水っぽいのはまったく正常なことです。 生後2ヶ月になると、赤ちゃんの便が柔らかくなり、排便回数が減ります。 これは、赤ちゃんの消化管が発達し始めていることを示しています。 さらに、生後6か月以上で固形食や固形食を食べ始めると、赤ちゃんの排便の一貫性と頻度も変化します。 また読む: […]

インドネシアの人々にとって、テロンオイルは外国のものではありません。 多くの親は入浴後にこのオイルを赤ちゃんに塗ります。 目標は、子供が風邪をひきにくいことです。 しかし、テロンオイルの利点はそれだけではありません。あなたがそれをあなたの子供に適用するときに得ることができる他のいくつかの利点があります。 テロンオイル含有量 テロンオイル自体は、心地よい香りと温かみのある局所オイルです。 テロンオイルは、植物の葉や小枝などの天然成分から作られています。 一般的に、テロンオイルはユーカリ、アニスオイル、ココナッツオイルでできています。 3つすべてが赤ちゃんにとって良い利点があります。 赤ちゃんのためのテロンオイルの利点 テロンオイルはハーブ成分から作られているため、次のような利点があります。 1.体を温めます 入浴後、お子さんは冷たく感じることがあります。 テロンオイルを塗ると体が温まります。 赤ちゃんが体温を適切に調節することができなかったため、生成された温かい気持ちは体にとって非常に有益です。 2.マッサージオイル テロンオイルは子供用のマッサージオイルとして使用できます。 テロンオイルはマッサージをしやすくするだけでなく、温かみのある感触を与えてくれます。 マッサージにも使用されるエッセンシャルオイルとは対照的に、テロンオイルは3ヶ月未満の赤ちゃんの肌に安全です。 3.膨満感を克服する […]

赤みを帯びた発疹に加えて、両親は赤ちゃんの皮膚に白い斑点が現れることに気付くかもしれません。 はい、白いパッチは確かに赤ちゃんの最も一般的な皮膚の問題の1つです。 いくつかのタイプの白い斑点または現れる斑点は、特定の治療なしで自然に消えることがあります。 ただし、治療が必要な特定の健康状態を示すものもあります。 以下のレビュー全文をご覧ください。 赤ちゃんの肌に白い斑点がある原因 クリーブランドクリニックでは、彼の生涯を通じて、乳幼児、幼児、子供、青年にさまざまな皮膚の問題があると述べています。 皮膚の発疹、赤い斑点、かゆみ、にきび、でこぼこ、白い斑点が発生する可能性があります。 赤ちゃんの敏感肌は時々乾燥し、白い無愛想なパッチが現れることがあります。 ただし、赤ちゃんの皮膚病の中には、白い斑点や斑点を引き起こすものもあります。 とりわけ、赤ちゃんの皮膚に白い斑点が現れる原因のいくつか: 1.主 医学用語でのパヌは、癜風または癜風と呼ばれます。 癜風による赤ちゃんの皮膚の白い斑点は、真菌感染症が原因で発生します。 癜風を経験すると、円形、楕円形、または不規則な白い斑点が現れます。 癜風は顔だけでなく、赤ちゃんの皮膚の他の部分、つまり胸、背中、上腕にも現れる可能性があります。 そのため、赤ちゃんの肌の色が不均一になります。 白い斑点や斑点は、皮膚に対してうろこ状で平らに感じます。 癜風に対処する方法: 赤ちゃんの皮膚の白い斑点が癜風によって引き起こされている場合、医師は抗真菌薬を処方します。 […]

母乳育児中の乳房のしこりの出現は、一般的に無害な状態です。 それでも、医師の診察が必要な状態を示している可能性があるため、現れるしこりに注意することをお勧めします。 母乳育児中の乳房のしこりの原因 母乳育児中の乳房のしこりの原因はさまざまです 母乳育児中の乳房のしこりには、次のようないくつかの原因があります。 1.乳管の閉塞 乳管の閉塞は一般的な問題であり、授乳時に乳房のしこりを引き起こす可能性があります。 この状態は、授乳中に赤ちゃんの口が適切にくっつかない、乳房の周りがきつすぎる、定期的に授乳していない、またはその他の原因不明の理由など、いくつかの原因で発生する可能性があります。 通常、乳管の閉塞は、乳首に小さな白い水ぶくれを伴う可能性のある、エンドウ豆からプラムまでの大きさの柔らかいしこりの出現を引き起こす可能性があります。 彼女の胸は一般的に敏感になります。 2.乳房の腫れ 母乳育児中の乳房のしこりは、乳房にミルクがたまりすぎて満腹になることによっても引き起こされる可能性があります。 この状態は、赤ちゃんが十分な頻度で母乳で育てていないか、長期間母乳で育てていない場合に発生する可能性があります。 乳房の充満は、乳房を硬く、きつく、痛みを伴うように感じさせる可能性があり、脇の下の周りのしこりを伴う場合があります。 チェックしないでおくと、乳房の充満が乳管を塞ぎ、乳腺炎に発展する可能性があります。 3.乳房炎 乳腺炎は、感染症、乳管の閉塞、またはアレルギーによって引き起こされる炎症状態または乳房組織の腫れです。 この状態は、授乳中に乳房の組織が厚くなったり、しこりができたりする可能性があります。 さらに、乳腺炎の症状には、乳房の腫れ、発赤、乳房の過敏症、授乳時の痛みなどもあります。 この状態はまた、悪寒を感じ、頭痛を起こし、発熱を引き起こす可能性があります。 […]

配達の時期が近づくと、もちろん、新生児用品のリストを作成し始めます。 しかし、店頭で生まれる新生児のニーズが多いため、最優先事項を決めるのに混乱することがあります。 どのような機器または新生児用機器を購入する必要がありますか? 新生児の必需品一覧 新生児には、機器に対する特別なニーズがあります。 これにより、赤ちゃんの世話も簡単になります。 買い物に行く前に、新生児が必要としているもののリストを作成してください。 利用可能な多くのアイテムに混乱したり、圧倒されたりしないようにするための目標。 さらに、どれをすぐに購入するか、十分に購入するかを分類することもできます。 新生児への贈り物の伝統もあることを考えると。 新生児用機器の購入が必要なもののリストは次のとおりです。 1.ベビー服 ベビー服は新生児用品の主なニーズです。 ただし、赤ちゃんの体が急速に成長することを考えると、あまり購入する必要はありません。 そのため、新生児、3〜6か月、6〜9か月、9〜12か月など、さまざまなサイズのベビー服を購入できます。 ですから、年齢よりも大きい服を買うことに何の問題もありません。 インドネシア小児科学会を引用すると、快適なベビー服は非常に重要です。 柔らかい素材で水を吸収し、硬くない服を選びましょう。 タコは動きや呼吸のスペースを制限する可能性があるため、くるみを使って使用することはお勧めしません。 次のもので構成されるベビー服を購入することをお勧めします。 […]

膿痂疹は、乳幼児や子供によく見られる皮膚病です。 主な症状は、鼻や口の周りによく現れる赤い痛みです。 赤ちゃんのこれらの皮膚感染症の症状、原因、および治療方法は何ですか? 詳細はこちらをご覧ください。 乳児の膿痂疹とは何ですか? 膿痂疹は、乳児や子供によく見られる皮膚感染症の一種です。 赤ちゃんの膿痂疹は、顔、手、足、おむつかぶれに水ぶくれや水ぶくれを引き起こす可能性があります。 メイヨークリニックによると、膿痂疹による水疱は、触覚、衣服、タオルを介して体の他の部分に広がる可能性があるため、非常に伝染性があります。 乳児の膿痂疹は、顔に赤い痛みが現れることから始まります。 1週間以内に、痛みが破裂して蜂蜜色の皮を形成することがあります。 したがって、感染を防ぐために、あなたはあなたの子供を最も近い人々から遠ざける必要があります。 抗生物質による治療も感染を制限する可能性があります。 乳児の膿痂疹の症状 膿痂疹は、体のどの部分にも発生する可能性があります。 ただし、最も一般的には、鼻、口、手、前腕、おむつかぶれの周りに発生します。 膿痂疹による赤ちゃんの皮膚の水ぶくれの兆候は次のとおりです。 穀物やコーンフレークの形で赤みがかった色の痛みは、サイズが大きくなることがあります表示される痛みは、数日間体液がにじみ出る可能性があります痛みは無愛想かもしれません体の他の部分に広がる時々かゆみ時々軽い痛み ただし、膿痂疹自体にはいくつかの種類があります。 タイプごとに症状が異なる場合があります。 以下は、タイプに応じて膿痂疹または皮膚水疱の症状です。 […]